低金利でお金を借りることができる教育ローン

授業料や、入学金にするお金が不足している場合は、教育ローン融資を受けるといいでしょう。
借りたお金を何に使うかが融資契約の一部になっているものが目的型ローンであり、使途自由なものがフリーローンと呼ばれています。
教育ローンは目的型ローンの一種であり、使い道は自分の子供が学生になるための入学金や授業料、または必要な教材の購入費用です。
保護者が利用することを前提にした教育ローンと異なり、奨学金は学生本人が使うものです。
返済義務は学生本人が負うという特徴があります。
一方で、教育ローンのほうは無担保で借りられる国や銀行の融資であり、教育資金が不足している時などに助かります。
大口の融資を希望する時に限り、保証人を立てなければいけないこともあります。
教育ローンの融資限度額は、300万円~500万円くらいが一般的ですが、金融会社によって上限の設定の仕方は違っています。
目的型ローンの場合は低い金利で融資を受けられますので、望ましくないものです。
一般的なキャッシングは、金利が高いところでは18%であり、大口の融資になるとやや金利が低くなります。
一方で、教育ローンは高いところでも2~3%の利息で融資を受けることが可能です。
一般的なローンは、総量規制が適用されますので、年収の低い人はまとまった金額の借り入れが不可能です。
これに対して目的型ローンは、年収に関係なく融資可能です。
5~10年かけて返済をするというタイプが多いので、月々の返済が家計を圧迫しないで済みます。
もしも、授業料や、入学金など、子供の教育費用に充てるお金が足りない場合は、教育ローン融資を受けてみてください。